肝機能低下による弊害

パソコンとメモ

腎臓病は腎臓の機能が低下し、体に必要なものが尿として排出されてしまったり、逆に排出されずに体に老廃物が残ってしまう病気です。腎臓の機能が更に低下すると透析と呼ばれる機械を用いて人工的に血液を濾過しなければなりません。 腎臓病の治療で最も重要なのは食事療法です。食事療法を行なう事で、腎臓病の進行を遅らせたり、体調を良い状態に保つ事が出来ます。更に、透析導入後も食事療法を継続して行なう事で、体調を保つ事が出来ます。 食事療法は管理栄養士にアドバイスを求める事が出来ます。病院を受診している人は受診先の主治医に相談してみましょう。又、市町村によっては腎臓病の患者に個別に保健師や管理栄養士を派遣して栄養指導を行なう自治体もあります。自分の住んでいる市町村の取り組みについてチェックしてみると良いでしょう。

腎臓病の食事療法には大きく分けて3つのポイントがあります。1つ目はタンパク質を取りすぎないという事です。タンパク質を取りすぎると、クレアチニンと呼ばれる身体に負担のかかる老廃物が蓄積されてしまいます。体調を良好に保つ為に、魚や肉等の製品は食べ過ぎない様に注意が必要です。 二つ目は、カロリーはしっかり確保する事です。タンパク質等を控えるとカロリーが不足しがちになります。それを補う為に脂質等のカロリーが多い食品を多めに取り、カロリーを多く摂取する様に心がけましょう。 最後に塩分を控える事も大切です。特に体の浮腫や高血圧等の症状が出ている場合は、塩分が体内に蓄積されているサインですので、塩分を控える食事を取る事が大切になります。